シングルマザーは正社員・パートどちらにするべき?残業できずに転職⁉

シングルマザー

シングルマザーだからこそ、安定した正社員になりたいと思いますよね。

ただ、現実はどうなのでしょうか。

だからと言って、パートでは収入も少なすぎて不安定。

実際に正社員になったことのあるアー子が体験した正社員生活を紹介します。

転職するならどうするべき?

スポンサーリンク

シングルマザーは正社員・パートどちらにするべき?

個人的見解ですが、パートでは不安すぎますよね。

  • 旦那が家はお前が使っていいとプレゼントしてくれた
  • 家賃は出してやると旦那が言ってくれた
  • 実家に戻った

という場合なら、パート収入でも充分でしょう。

 

では正社員なら安定しているのか?

というと確かに安定はしています。

 

その代わりに子供と接する時間は減ります。

私の例ですが、私は

「稼がなくてはならない」

という思いの元、やはり必ず給料のもらえる正社員を選びました。

 

でも子供の熱が頻繁に勃発し、他の人よりも休みが多いことを上司はよく思いません。

アー子
アー子

2章の「残業どうする体験談」で詳しい話を説明するね!

私の場合は、一番下の子の面倒はお兄ちゃんが見ていましたが、三男は不安定になりました。

 

迷った挙句、正社員はやめました。

 

でもやはり安定している正社員は魅力です。

  • この先、会社が潰れるかもしれないとか
  • 正社員もあてにならないとか

色々言われていますが、

  • 病気で会社を休んでも有休扱いにしてもらえる
  • 安定して収入を得られる
  • 会社によるがボーナスがある

というのは正社員しかありません。

 

私は今、自営業なので正社員程、安定してお金がもらえる仕事はないと思っています。

なので、シンママは正社員は視野に入れるべき。

 

会社が潰れたとき?

そんなもんは会社が潰れた時に考えればいい。

失業保険も出るし、母子手当もある(収入によるが)

 

何よりそれまで少しは貯金ができているだろうから、それで何とか食いつなげばいい。

そして今まで頑張ってきた経験を生かして、また新しい職場に飛び込めばいい。

 

私達シンママは最初からマイナス的な考えはしないこと。

考えたって仕方がない。

前に進むしかないのだから。

そうしたら必ず良い結果が生まれる。

 

但し、正社員になるなら、必ず自分以外で子供の面倒を見てくれる人は2人は押さえておくこと。

私の周りのシンママで正社員で働いている人も何人かいますが、子供の面倒はほとんどおばあちゃん(シンママの母親)かおじいちゃん(シンママの父親)が見ています。

 

この存在は子供にとっては大きいです。

親が近くにいないのであれば、ファミリーサポートを頼るなど、方法はいくらでもあります。

 

ではパートならいいのか?というとそれは違うと思います。

シングルマザーはこの先ずっと働いていかないといけません。

将来的なことを考えると、ずっとパートというのはやめた方がいいと思います。

 

子供の年齢で一番お金がかかるのが中学生・高校生です。

部活に学費、食費や塾代などとにかくお金がかかります。

特に男の子。

めっちゃくちゃ食べるようになります。

食費は半端ありません。

 

友達と遊びに行くようになりますし、必要なモノも出てきます。

また、自分が体調を壊して仕事に行けなくなるかもしれません。

 

そんな時にパートだといつクビになるかも分かりません。

私達は専業主婦ではないので、パートは早い段階で脱出しておきましょう。

 

かと言って最初から正社員を目指す必要はないです。

というのも、今の時代よほどの学歴、資格、経験がない限り、正社員から雇ってくれる所はほとんどありません。

 

最初の入り口は【契約社員・派遣社員】これで充分です。

アー子
アー子

派遣社員でも気に入られると、そのまま社員にしてもらえる事例はたくさんあるよ!

勘違いしてほしくないのですが「気に入られる」というのは

 

  • 仕事ができる
  • 特殊な能力があって会社には必要不可欠な存在となっている
  • 会社にはなくてはならない存在になっている

のが条件です。

 

会社は給料を出す人間に対してシビアです。

仕事ができないのはもちろん、社員の人ととのコミュニケーションが取れていなかったり、気遣いのできないような人に続けてもらいたいとは思いません。

 

これはある事例なのですが

40代の男性が派遣社員としてある会社に入ってきました。

 

その男性は過去に友人に誘われて、会社を共同経営していたのですが失敗。

多額の借金を抱えてしまいましたが、死に物狂いで働いて完済。

その後、派遣社員として入社。

 

ある時、会社のパソコンが壊れたのだそうです。

この会社ではパソコンに詳しい人が一人もいませんでした。

 

それを派遣社員である40代の男性が一人で直してしまいました。

男性は元々パソコンの内部をいじれるほどの技術を持っていました。

 

40代で派遣社員として入ってきた男性に対して、最初は冷たい目で見ていた社員たちも、このことから尊敬の眼差しと変わり、

「是非社員としてうちで働いてほしい!!!」

という社長の元、今はバリバリ会社の一員として頑張っているのだそうです。

 

何か一つでも得意なことや資格を持っているだけで、会社の対応は変わります。

なので最初はパートでも

  • その間に資格をとったり勉強しておく
  • 長く正社員として働ける会社を探す

をしながら、いずれは正社員を目指すという方向でいきましょう。

 

大切なのは焦らないこと。

焦ると何一つ上手くいきませんよ^^

スポンサーリンク

シングルマザーは正社員必須の残業どうするか~体験談より

私は安定性を求めて正社員希望で入りましたが、女社会の会社に入ってしまい、研修期間を終えた頃に

「アー子さん。正社員になったら融通は利かせないから。残業もしっかりしてもらうから」

とはっきり上司に言われました。

 

というのも、研修期間中に何度も保育園から

「熱が出たのでお迎えに来てください」

の電話があったのです。

 

「すみません。帰らせて下さい」

このセリフを何度言ったことか。

アー子
アー子

私の場合は実家も遠くて、頼れる知人など一人もいなかったの!

その度に帰らせてもらい、早く帰った分の時間は休みの日に当てられ出勤させられました。

日曜日とか関係ない仕事だったので。

 

そんな事が続いたので、女上司はイライラしていたんでしょうね。

最初に釘を刺してくれました。

 

それでも私は頑張って食いつきました。

というよりも、今更他の会社に面接に行って、なんて時間もなかったからです。

「とにかくお金を稼がなきゃ」

という思いの方が強く

「上司に何を言われてもいい、とにかく頑張ろう」

その一心で頑張りました。

実は将来の夢もあったの^^その夢を叶える為に下積み経験として入ったというのもあり、辞めたくなかったんです(>_<)

 

残業は当たり前の会社でした。

というか、他の人が残って色々とやっている中、入社したばかりで帰りづらいのもあり。

残業代は出ない会社だったので、会社のトップの人間は「残業をしないように!!!」との通達を強く出していました。

 

それでも誰よりも早く会社を出ていました。

それを見かねて上司がある朝のミーティングで

「一人勝手に帰るのは禁止です」

とみんなの前で言われました。

 

仕事終わりに練習しようと上司から言われたことも多々あり、飲み会にも無理やり連れて行かれました。

さっさと帰りたかったので、練習は朝早くに出勤してやることにしました。

それをたまたま女上司に見つかり

「勝手に練習するのは許さない」

と言われて、練習していた人間全員を呼び出し説教。

アー子
アー子

女しかいない会社だったので、いびりが凄かったー!

更に保育園からの電話も続き…。

早退する事も多々あった私を見かねて、また上司から呼び出し。

仕事が終わってからの夜、延々と1時間程説教されました。

 

家に帰ったのは確か終電。

その頃、3男が2歳頃でお兄ちゃんに面倒を見てもらっていたのですが、お兄ちゃんも高校生で自分の事に精一杯。

 

帰るのが遅くなって申し訳ないなーと家に戻って子供達の顔を見た途端、涙が溢れました。

玄関で声を出して3男を抱きしめて泣いてしまったのです。

 

その気持ちは、上司に何か言われて辛い、というよりも

「子供に寂しい思いをさせてしまった。本当に申し訳ない」

という気持ち。

 

更に、休みの日まで上司から電話が来るようになり、

「この前のあれ、何なの」

というような電話内容で、電話でも延々1時間ぐらい説教されました。

 

横では3男がずっと泣いていて、次男があやしてくれているものの、もう私でしか無理な状態の中、上司は電話を切ってくれませんでした。

 

この日の電話を境に

お金を稼ぐことも夢を叶えることも凄く大切だけど、この子を育てるのは私しかいない

その気持ちを再確認した私は、その会社を辞めることにしました。

 

同僚にもずっと

「もっと子供を優先できる仕事にしなよ。子供に愛情を与えてあげられるのはあなたしかいないんだよ?」

と言われていたのもあり、自分の中ではかなり吹っ切れた瞬間でもありました。

 

そして結局、子供を優先的にしても稼げる仕事を探したのです。

今は自営業ですが、子供を仕事に連れて行ける仕事を選んだので、長く子供と過ごせるようになりました。

 

すると、子供が安心するんですかね。

よく笑うようになりました。

 

今の社会では、正社員でも残業をさせないという会社が増えました。

特に金曜日。

また、家に持ち帰って仕事をしてもいい、というスタイルの会社も増えましたよね。

 

最初から残業をさせる会社はそうないとは思いますが、出来る限り夜は一緒にいてあげれる仕事を探せるといいですね^^

 

余談ですが、ずっと片親で育った息子の友達が

「母さんは毎日帰りが夜の22時ぐらい。それまで兄貴たちと過ごしてたんだけど、兄貴たちからいつもパシリをさせられたり、殴られたりでマジで兄貴たちを殺してやろうと思ってた。母さんが家にいるって羨ましいよね」

だったそうです。

 

子供は子供なりに悩んでいることがあります。

仕事選びはとにかく慎重に。

スポンサーリンク

シングルマザーが正社員をやめて転職活動するならば

派遣会社を利用すると、自分に合った会社を紹介してくれます。

派遣かぁ・・・と思ってしまいますが、今の世の中派遣からのスタートがほとんど。

 

また派遣会社は自分が一生懸命探さなくても、親身に探してくれるので本当に助かります。

 

私は、正社員を辞める前に転職活動を行いました。

とは言え、仕事が忙しく、家に帰れば家事や育児など、時間がなかったのでとりあえず派遣会社に登録しました。

 

登録すると、派遣会社の人から電話があり色々と相談にも乗ってくれました。

希望時給なども考慮して下さって、マッチする会社への面接も一緒に行ってくれます。

 

私は経理が得意だったので、経理を求人している会社に時給1600円スタートで入れることができました。

最初からこの時給だったので、結構いいですよね。

 

但し、少し失敗しました。

うちから電車通勤だったのですが、私は初めての東京の満員電車を経験したのです。

 

凄いんです。

朝の東京の電車は。

 

つり革を持っていなくても、身体が浮きます(笑

手を下に入れていると痴漢に間違われても嫌なので、ずっと手は上の方に。

 

カバンも大きいと邪魔だし、臭いも。。

私はシングルマザーになるまで、社会人になった事がなかったので、このような経験が初めてて、段々朝の通勤が苦痛になってしまいました。

 

更にまだ子供が小さかったのもあり、相変わらずの保育園からのお熱出ました電話。

そして何より、仕事が暇すぎたんです。

 

これ、どう取るかはその人次第だと思いますが、

「暇でラッキー♪」

「やることがなくて、辛い」

という2パターンに分かれると思うんですね。

 

私の場合、後者でした。

暇だから、パソコンでずっとネットサーフィンしてました。

トイレばかり行ったり、ボーっとしたり。

 

1日がとても長くて、自分勝手な私はやめることにしました。

アー子
アー子

これは派遣会社が悪いのではなく、完全に自分の責任です。

時給も良かったし、忙しくないので、正直美味しい仕事でした。

 

なのに私は大した社会人経験もないくせに、いっちょ前にバリバリ働く自分を妄想してたんですね。

また、やめることで派遣会社にも迷惑がかかります。

 

あなたはこんなことにならない為にも、自分が働きたいスタイルもきちんと派遣会社に伝えるべきです。

「忙しすぎるのは嫌です」

「暇すぎる部署だと辛いです」

など。

 

後は、通勤するための電車の混み具合や帰りの電車。

今は調べれば、必ず誰かがブログで書いていてくれる時代なので、濃い情報も取れるはず。

 

この辺も全て派遣会社に頼るのではなく、自分でもちゃんと調べましょう。

時間がないのは分かりますが、安易に決めてしまうと私のようになりかねません。

 

派遣会社も一生懸命仕事を探してくれます。

それを当たり前だと思わずに、自分自身でも調べること!

これが重要ですよ^^

スポンサーリンク

まとめ

シングルマザーは

  • 稼がなくてはならない
  • 子供に愛情を注いであげないといけない

という父親・母親の役割をこなさなければなりません。

 

両方やるって本当に大変です。

なので、転職活動をする時はとにかく入念に下調べをしましょう。

 

仕事次第では、気持ちの起伏も左右されます。

ストレスが溜まりすぎてイライラしたり、落ち込んだり。

そこに加えて子育てと家事。

 

このリズムは一生続きます。

最初はパートで少しずつリズムを作り、派遣社員から正社員、この流れでも問題ないので頑張りましょ♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
シングルマザー
スポンサーリンク
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました