離婚で認められる理由5つ!裁判で正当化させるためのコツも紹介!

リコン 離婚

離婚したい。

だけど、こんな理由で離婚を請求して通るのか

離婚で認められる理由を5つピックアップしました。

裁判所では、調停員が必ず正しい判断を下してくれるとは限りません。

この先の未来を見据え、新しい人生を切り開くために

正当化するための理由は、必ず明確にしておきましょう。

スポンサーリンク

離婚が認められる理由正当なもの5点

離婚が裁判所で認められる理由には、法律の【民法770条1項】で決められています。

  • 1号 不貞行為
  • 2号 悪意の遺棄
  • 3号 3年以上の生死不明
  • 4号 強度の精神病
  • 5号 その他婚姻を継続しがたい重大な事由

これらが事実上あったという話の上で、離婚の請求が始めて認められます。

 

しかし、これらが実際に起こったといえども、証拠がないと証明できません。

離婚請求はできたものの、それが正論として通るかどうかは、また別問題なのです。

 

旦那が浮気しているというだけでは、正直裁判では勝てません。

口論上では、何とでも反論できますので、証拠がないと勝てない、と考えておいた方がいいです。

 

では、それぞれをもっと詳しく説明していきます。

 

■1号 不貞行為

正しく、浮気・不倫です。

この場合、明らかに浮気していたとしても証拠がないと100%勝てません。

 

離婚裁判を起こすためには、最初に調停を行います。

調停を起こす前に、大抵の人は弁護士さんに依頼すると思いますが、弁護士さんからも

「証拠はありますか?」

と必ず聞かれます。

浮気の証拠があると、100%勝てるからです!

 

話し合いで浮気を認めた旦那が、離婚調停では

「浮気なんて絶対にしていない」

という人はざらにいます。

 

離婚調停と裁判を行うつもりでいるなら、そして慰謝料と養育費をしっかりと手に入れたいのであれば、証拠は取りましょう。

 

■2号 悪意の遺棄

  • 生活費を渡さない
  • 夫婦がお互いの役割を果たさない
  • 数日間、仕事でもないのに家に帰らないことが頻繁にある

など、自分の役割を果たさず、出て行けとは言っていないものの、家に居させないように仕向けるのも、ここに入ります。

 

この場合も、必ず証拠となる帳面や写真などを残しておきましょう。

また、この理由で離婚請求するのであれば、自分の役割はきっちりこなしておきましょう。

 

旦那側からも

「嫁が家事をしない」

といってくる可能性があります。

 

また、その様子を写真で取られていたら、こちらも弁解のしようがありません。

  • 旦那が家の事を何もしない上に、家にもほとんど帰ってこない
  • 生活費も入れてくれない

だから離婚したい、という場合は、特に自分の役割はちゃんとしておいた方がいいです。

こういう旦那に限って、「お前のせいだ」とか人のせいにしてきます!

 

ちなみに、私の場合ですが

私は旦那とお姑さんから

「嫁が仕事もしない、家事もしない。こんなに何もしない嫁だとは思わなかった」

と離婚騒動になっている時に、近所の人に言いふらされたことがあります。

 

しかし、家の掃除から洗濯、ご飯まで全て私がやっていたのを知っていた知人が、たまたまその噂を聞きつけ、他人に弁解してくれました。

なので、ちゃんとやっていても、向こうも慰謝料払いたくないので、嘘ばかり言われる可能性もあります。

 

それでもちゃんとやっていれば、必ず真実が導いてくれます。

相手に悪意の遺棄を問い詰めるならば、自分の行動は要注意です。

 

■3号 3年以上の生死不明

3年以上、連絡が取れない場合、離婚を請求できます。

これすっごい迷惑!3年間婚姻関係にあるなんて、母子家庭になれば子供の学費免除とかあるのに・・・。

でも、もしかしたら死んでるかも?

 

なんて時は、連絡が取れなくなってから7年経過していれば【失踪宣告制度】というのを利用する事で、元旦那の財産を受け継ぐこともできるとのこと!

 

■4号 強度の精神病

パートナーが強度の精神病にかかってしまい、どうやっても婚姻関係を続ける事が不可能になってしまった場合

離婚しても、精神病になったパートナーが生活していけるだけの保障がある

ことを前提に離婚を請求できます。

 

但し、回復の見込みがある場合は離婚は認められません。

回復の見込みがなく、尚且つあなたと離婚したあと、ちゃんと生活していける基盤がないと、それも離婚は出来ない可能性が高いです。

 

■5号 その他婚姻を継続しがたい重大な事由

  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • 暴力・暴言
  • 愛情の喪失
  • 浪費癖
  • 勤労意欲の欠如
  • 肉体的欠陥
  • 犯罪
  • 性的異常

などです。

 

但し、これらも全て証拠が必要です。

セックスレスは、いつからしていないのか記録をつけておかないと曖昧ではいけません。

また、相手が病気だったりするとまた事情は変わってきます。

 

性格の不一致で離婚する人も多いですが

  • どういった価値観で
  • どんな考え方・生き方
  • 子供に対する子育ての教育方針

この辺も、日記などにちゃんとつけておきましょう。

調停になると、調停員は結構きつい質問もしてきます。その時に答えがあいまいだと、疑われてしまいます。記憶は曖昧になりがちなので、しっかりと証拠(日記)を残しておきましょう!

 

暴力DVに関しては、必ず病院に行って診断書を書いてもらって下さい。

もし、もらい忘れていたとしても、病院に相談して診断書を出してもらえるか聞いてみて下さい。

あざなど出来ていたら、自分で写真もとっておくこと。

 

暴言は、録音出来ていたらかなり有効です。

今ではスマホでも録音できるアプリがたくさんあります。

絶対に残しておいて下さいね。

スポンサーリンク

離婚理由を裁判で有効にするには

絶対に証拠です。

  • 浮気は写真や行動記録
  • 暴力や暴言は、診断書や録音
  • 悪意の遺棄や性格の不一致は、とにかく日記をつける

他にも、家計簿や給料明細などなど、とにかく証拠となるものを出来る限り多く集める。

 

焦って離婚請求する前に、必ず証拠です。

勢いだけで離婚してしまうと、必ず後悔します。

私がそうだったよ!

証拠がどれだけあるか、で慰謝料の金額などお金の面で左右されます。

  • 家計簿
  • 給料チェック
  • 写真
  • スマホのチェック

などは自分で頑張りましょう。

 

でも、浮気だけは自分で証拠をとることは、ほぼ不可能です。

感情が入ってしまいますし、素人が尾行した所で、旦那に逆上されてしまいかねません。

 

ここはお金がかかっても探偵にお願いして下さい。

その方が確実に証拠が取れて、自分では取れなかった慰謝料の金額をもらえます。

もちろん弁護士さんの協力も必要になるかも! でも慰謝料と養育費さえ取れればマイナスにはならないよ!

スポンサーリンク

まとめ

こんな事で離婚の理由になるのか、と思っている人も多いようですが

  • 旦那とはもう結婚生活を続けられない
  • だけど理由が曖昧でこれがまかり通るのか分からない

という場合は、一度弁護士さんに相談してみましょう。

 

パートナーに納得してもらえるだけの理由を、ちゃんと整理して数字で説明できると、男性はより理解度が深まります。

話す前にしっかりと事前準備をして、そしてあらたな人生を歩んで下さいね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
離婚
スポンサーリンク
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました