離婚の原因にお金の価値観第1位!高収入夫と破滅した妻たち

離婚

年収が高い夫との離婚に踏み切れないという人がいたら、是非読んで欲しい。

確かに、お金がたくさんあると生活は安泰。

私も前夫は年収も高く、旅行はしょっちゅう、ブランド物の服やかばんもよく買ってもらっていました。

でも実は離婚した今の方が精神的に幸せ。

収入をとるか、幸せをとるか。

高収入旦那と別れた奥様達の心情・口コミ・本音総まとめ!

スポンサーリンク

離婚の原因にお金の価値観第1位!

離婚の原因で一番多いのが

  • お金に対する価値観の相違
  • 浮気

絶対的にこの2つです。

 

お金が原因で離婚する人の中でも

  • 旦那の年収が高すぎて離婚
  • 旦那の年収が低すぎて離婚

のどちらが離婚率が高いかというと

旦那の年収が高すぎて離婚

がダントツ多い!!!

 

実は私の元旦那も年収が高い方でした。

収入がたくさんあったら離婚しない方が得策だと思うけど…

 

そう思いますよね!

実際、専業主婦さんからは

「私は離婚なんて考えられない。今さら働くのも嫌だし、楽したいもん」

と言われました(>_<)

 

確かにその通りです!

ご飯さえちゃんと作って、家事さえちゃんとしていれば、夫と子供が学校や職場に行っている間は自由。

 

でもきっとこの記事を読んでいる人は

【高収入の旦那でも、この先夫婦生活を続けていく自信がない】

そんな人ではないでしょうか。

 

  • このまま我慢して子供の為に結婚生活を続けるべきか
  • 心から幸せだと言える人生を取るのか

どちらがいいのか。

 

実際に

  • 高年収旦那と別れた奥様達の気持ちと離婚後の生活
  • 旦那とは不仲だけれども生活の為に結婚生活を続けている妻達の本音

をお届けします。

 

高収入夫と破滅した妻たちの本音口コミ

【ケース1】

まずは私の体験談から!

私の元夫は、年収で言うと1000万円程でそんなに高くはないのですが、自宅自営業だったために

  • 携帯代
  • 水道光熱費
  • 外食代

など諸々は全て経費。

 

家は元々持ち家があり、家賃や住宅ローンはなし。

お客さんから色々もらうものも多く、普通に生活するだけならそんなにお金は使いません。

 

また税金もうまくこなしていたので、実質手取りで1,000万円以上は手にしていました。

 

私がもらえる生活費は月30万円。

食費など全て払ってくれていたので、丸まる30万円私の手元に入っていた形です。

 

その他

  • 旅行は年10回近く
  • ブランドのバンをしょっちゅう買ってくれる
  • 外食も多い

ので、かなり裕福な生活をさせて頂いておりました。

 

但し、こういう制限があったのです。

  1. 姑と同居
  2. 旦那はかなり亭主関白&束縛系
  3. すぐに切れる
  4. モラハラ系
  5. 理不尽な事をいかにも自分が正しいと、畳みかけるように話す
  6. 暴力・暴言

 

姑と同居は結婚前から分かっていましたが、結婚前の義母はそれはそれは、サバサバしている感じの人当たりのいい「お母さん」という人でした。

 

結婚して同居が始まると

  • 私の老後はあなたが見るのよ
  • ちゃんと仕事してもらわないと困るから

と面と向かって即言われました。

 

仕事を手伝わなくてもいいと聞いていた私は、まず旦那に相談。

すると、旦那はこう言ったんです

「やりたくないの? うち基本的に家族で仕事するんだけど」

と。

 

結婚前は

「うちさ~自営業なんだけど、いやほんっとに手伝わなくてもいいからね! 家事さえしてくれればいいから」

と何回も言っていたのに。

 

「・・・やります」

そう言うしかなかった。

 

私は、子連れの再婚。

前の旦那は浮気と暴言がひどすぎて、最終的に離婚。

 

今度こそ優しい人がいいと思っていたのと、子供がいるのである程度の年収は必要だと考えていた矢先に

  • 優しくて
  • 子供思いで
  • そこそこ収入のある

今の旦那と知り合いました。

 

「この人なら!」

本気でそう思って、思い切って再婚(相手も再婚)

 

結婚したら、がらりと態度が変わりました。

 

付き合っている時は、基本的にレディーファースト。

「もっとわがまま言っていいんだよ」

とまで言われ、ずっと我慢してきた私にとって、白馬の王子が現れたとさえ思いました。

 

結婚して同居が始まると

「え? まだ仕事終わってないの? あれやっといてって言ったよね!?」

と言われることはしょっちゅう。

 

旦那だけでなく、姑も次から次へと私に仕事を押し付けてくるので、全然終わりません。

旅行も年に10回は連れて行ってくれていた旦那ですが、実は最初からそうではなく、結婚してすぐの旅行は友達と海外旅行ばかり行っていました。

 

それを知ったうちの息子が、小学生ながら

「ママを置いていくなんてひどいよ」

と言ってくれて、そこからやっと私達も連れて行ってくれるようになったのです。

 

旅行先に行っても、気にいらないことがあると

「帰る」

と現地に着いてからでも、平気で戻ろうとします。

自分勝手すぎて、言葉も出ませんでした。

 

私の友達が「ランチに行こう」と誘ってくれても

「え? 誰? 俺と一緒にいたくないの?」

と畳みかけてくるので、毎回ランチを断っていたら、誰にも誘われなくなりました。

 

私が耐えられなくなって、口答えしようものなら手が付けられないぐらいにキレて、私を蹴ったり投げたりしてきます。

さすがに姑が部屋に入ってきて止めたものの、

「あなたに責任があるのよ」

と言われました。

 

人を精神的に地獄に落とすのは得意で、言葉で責めてくるのもしょっちゅう。

しまいに頭痛が止まらなくなり、精神的に参ってしまいました。

 

するとそれを見た旦那が、さすがに悪いと思ったのか、長期の旅行に連れていってくれようとしたので、一応姑のおかずを作り置きして出かけて戻ったら

「ねえ。もうおかず飽きたんだけど」

と言ってきました。

自分一人分ぐらい作ってほしい…

 

「前の嫁は一切仕事をしなかった。家事もしなかった。だから離婚してやった」

という話も、旦那と姑の2人からしょっちゅう聞かされていました。

仕事をしないと離婚されてしまう!家事もちゃんとやらないとダメ!

 

と自分に言い聞かせていたので、私は頭痛薬と鎮静剤が手放せなくなり、精神的にどんどん追い詰められていきました。

 

段々、旦那は暴力を振るった後や、暴言を吐いて私がかなり落ち込んでいる時は、必ず10~30万円程お金をくれるようになりました。

嫁に対して、です。

 

「え? お金?」

そう思いましたが、それで好きなものを買ったりして、自分なりにストレス解消していました。

 

しかし、結局旦那が浮気をしたことで、一気に気持ちが崩壊。

今までされた仕打ちから、愛情が一気に憎しみに変わりました。

 

そして、最終的には「離婚したい」と旦那の方から言われて、離婚。

泥沼離婚になりました。

 

離婚して数年が経ちます。

正直言うと、毎月の生活は苦しいです。

 

まだ育ち盛りの子供達がいるし、これからまだまだ学費もかかるから、身体がしんどくても頑張って働かないといけない。

 

でも。

精神的には幸せしかありません。

 

  • 理不尽に怒鳴られない
  • 意味の分からないことで精神的に追い詰められることもない
  • 毎日笑顔が作れる

こんな幸せなことはありません。

離婚して良かった。心からそう言えます。

 

スポンサーリンク

【ケース2】

年収1500万円の大手企業幹部、エリート38歳の旦那を持つ38歳の妻。

実はこの夫婦の両方を知っているのですが

 

旦那は

  • かなりのイクメン
  • めちゃくちゃ仕事できる
  • 優しい

 

奥さんは

  • キャリアウーマンタイプ
  • 無駄なことは嫌い
  • 教育に熱心
  • 努力家

という私からすると、憧れの人達でもあります。

 

この夫婦は、理想の夫婦像でした。

平日は旦那さんがバリバリ働いて、奥さんは専業主婦。

 

土日には家族みんなで出かけ、年に最低1回は海外旅行。

奥さんが一人で整体や趣味に出かけてでも、旦那さんは喜んで子供と水族館や公園に出かけるタイプ。

 

しかし、実は旦那から生活費を入れてもらっていなかったとのこと。

原因は

  • 奥さんが旦那に内緒で勝手に20万円もするディズニー教材を購入した
  • 夫のスーツは2着しか用意しないのに、自分の服等はたくさん買うから

だったそうです。

 

それを知った生旦那が、生活費を渡さなくなったらしいです。

この夫婦は、ローンや水道光熱費の支払いは全て旦那がしていたとのこと

 

そして奥さんは仕方なく仕事にフル勤務で復帰。

家事と子育て、保育園の日々が始まりもうクタクタ。

フルで働くと家事と育児の両立はきつい!

 

月日が流れ、旦那さんから生活費を再度渡してもらえるようになったと聞き

「もう仕事辞めたら?」

と言っても

「いつまた生活費を止められるか不安なので、働きます!」

と言う。

無駄遣いさえしなければいいのでは…

 

 

 

しかし、子育てと仕事の両立はそんなに甘いものではなく、体力的にも精神的にも追い詰められ、夫婦喧嘩がどんどん増えたそうです。

 

奥さんが

「もっと子育てと家事を手伝ってほしい」

と夫に訴えると

「給料そのまま渡すから、仕事やめて家にいてよ」

そう言われたそうです。

羨ましい♪

 

それでも奥さんは仕事をやめませんでした。

この先の未来が不安で仕方なかったのだと言います。

 

自分や夫の親、周りの親戚に

「仕事をやめて、家事と子育てに専念したら?」

と何回言われてもひきません。

 

「お金がなくなるのが不安でたまらない。あと、社会と切り離されるのが怖い

一度された仕打ちを忘れることができなかったのでしょう。

結局この夫婦は別れました。

 

このケースは、本来ならば離婚に至らなかった可能性の方が高いですし、旦那が優しいので、奥さんが一歩だけ折れたら上手くいっていたような気がしないでもありません。

 

でも、

  • お金がないのではなく故意に生活費を渡してもらえなかったこと
  • 根っからのキャリアウーマン

だったこともあり、二人が歩み寄る事はできませんでした。

 

彼女は今、二人の子供を育てながらバリバリ働いています。

「体力的にはきついけど、でも充実してる!」

子育て中のママには

  • このままだと社会と切り離されている感じがして不安

というママと

  • 子供とのんびり♪このまま働かずにいたい

というママに分かれる!

 

【ケース3】

年収5000万円、奥さんは20代後半。

何と東京麻布と言う超高級住宅街に住むセレブ妻。

 

・・・と思いきや、何と生活費は自分でOLをして稼いでいるのだとか!!!

 

付き合っているときは、ブランドもののカバンをくれたり、三ツ星レストランに連れていってもらっていたものの、結婚してからパタリとなくなりました。

これはよくあるパターンだよね・・・

 

生活費は月たったの10万円。

年収1000万円の元夫でも、月30万円くれていたのに!

 

月10万円では足りないと伝えると

「お前のやりくりが下手すぎる」

と逆にけなされるのだとか。

 

その為、せっかく年収5000万円の男性と結婚したのに、生活費の為に働きにでることに!

私だったら絶対嫌だぁぁぁ(>_<)

 

子供が産まれても生活費は変わらず、自分の好きな趣味や物にお金をかけ続ける旦那と口論が絶えず、段々夫婦仲も悪くなるばかり。

でも離婚はしていないそうです。

 

確かに、家賃や水道光熱費はいらないとしても、子供にかかる費用とか、年収5,000万円もある旦那なら少しは多めにくれてもいいのでは?

 

スポンサーリンク

高収入の旦那と結婚生活を続けるべきか否か

  • 満足いくぐらいの生活費をもらっている
  • 優しくはないが、暴言は吐かれていない
  • もちろん暴力も振るわれていない
  • 家に帰ってこなくても我慢できる
  • 浮気されても見て見ぬふりする

ことができるのであれば、離婚せずに賢く貯金しながら結婚生活を続けた方が得策です。

 

そして、結婚生活の間に

  • スキルを磨き
  • 資格を取得して
  • 貯金もしっかり

したうえで、いつ離婚になってもいいように

  • 当面の資金
  • いつでも働ける準備

を準備する。

 

子供が巣立った時にどうしても一緒にいるのが無理な場合は離婚すればいいです。

意外と、子供が育つ時期まで我慢すると、そのまま夫婦生活を続けられる場合もありますし、もしかすると旦那が病気でお先に・・・なんてこともあるかも(笑

 

でも、

  • もらえる生活費がぎりぎり、もしくは足らない
  • ケンカはしょっちゅう
  • 暴言・暴力がある
  • モラハラで精神が参ってきている
  • 浮気は絶対に嫌
  • 自分の一度きりの人生を新たに歩みなおしたい!

があれば、離婚を進めます。

 

理由ですが、まず暴力。

これは論外です。

すぐに別れましょう。

 

次に暴言。

私は暴言でかなり精神的にやられました。

 

死のうと思ったことも、正直何回もあります。

そして、段々こういう日常が当たり前なのかも、とも思い始めました。

これは危険な状態です。ある種洗脳というか、旦那のモラハラに支配されています!

 

暴言は、暴力よりも危険です。

自分を見失う可能性も大きいので、個人的に離婚を推奨します。

 

そして、喧嘩。

喧嘩するほど仲がいいと言いますが、私はそうは思いません。

先ほどの暴言と重なりますが、言葉は暴力よりも強い力を持っています。

 

言葉で喧嘩する時に、相手を思いやる言葉など出ません。

喧嘩はただ相手を傷つけるだけ。

 

そしてその傷は、暴力で受けた傷よりも深く、心に刻まれます。

私はこれでどんどんおかしくなりました。

 

喧嘩が多く、またその度にお互いを傷つけあうのであれば、それは戦争でしかありません。

 

それに加えて、生活費。

基本的に生活費をきちんと渡さない男性は、モラハラ傾向にあると感じます。

奥さんの金遣いが荒すぎるなどの理由で生活費を一切渡さない、という場合は先ほどのケース2だけでなく、他にもよく聞くよ!その場合、奥さんが多額の買い物・またはギャンブルにはまっているケースが多数!

 

旦那自身に十分な収入があり、贅沢をしているにも関わらず、生活費を渡さないのは相手を思いやる心などなく、自分の事しか見えないという人間。

 

こういう人は、子供が何かしでかした、とかいう場合、全て奥さんの責任にしてきます。

責任逃れをしてくるんですね。

 

貯金できるぐらいの生活費がもらえるなら、適当に上手くあしらって夫婦生活を続けていくのも一つの方法。

でも、やっぱり無理!という場合は、離婚してから自分がちゃんと働ける手段を調べてから、離婚しましょう。

 

生活費がギリギリならば、もしかすると自分で働いて稼いだ方がもっと余裕のある暮らしができるかもしれません。

但し、その場合家賃等発生するので、充分に計画を練って行動すること。

個人的には、嫁側が散財してしない限り、生活費を渡さないってどういうこと?と思います。 そもそもそんな人と一緒にいると、自分の価値観や考え方まで支配されてしまいます。とはいえ、勢いで離婚するのも賢くないです!

生活費を渡さないもう一つの理由

浮気している可能性もあります。

浮気している旦那は

  • 逆にたくさんお金をくれるか
  • 愛人にお金をつぎ込んでいて、妻には払わない

かに分かれます。

 

浮気よりも生活、と思えるのであれば、お金だけはちゃんともらって我慢していくのも一つの生き方。

でも、生活費さえくれないなら、何のために年収の高い男性と結婚したか分かりません。

 

さっさと離婚して

  • 慰謝料
  • 養育費

を法律的に請求した方が、実は安定した生活が送れるのかも?

まとめ

雑草魂で自分の力だけで、年収を増やした人は、意外にお金にシビアです。

もちろん、そちらの方がビジネスでは成功するのかもしれませんが、妻にまでその価値観を押し付けてくる人も中にはいます。

また、親から引き継いだ会社があるといういわゆる2世は、性格が破綻している人が結構多いです。

お金はちゃんとくれますが、モラハラだったり束縛がひどかったり、暴力も平気で振るいます。

実は年収の低い男性の方が優しく、そして家庭円満だったりもします。

この辺、難しいですね。。。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
離婚
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました