住宅確保給付金について支給要件を電話で聞いてみた。収入限度額とは?

お金

新型コロナウイルスの影響で、家賃が払えない人のために【住宅確保給付金】を使えるようになりました。

さて、住宅確保給付金とは一体何なのでしょうか。

またもらえる収入制限や貯金、世帯人数など東京都の施設に直接電話して聞いてみました。

スポンサーリンク

住宅確保給付金とは?

仕事がなくなり経済的に困窮した場合、住む場所を失ってしまった人や家賃が払えなくて追い出されそうな場合に援助してくれる制度。

実はこの制度、平成27年の2015年4月から始まったまだ新しい制度で

  • 働きたくても働けない
  • 住む家がない

という人向けに作られた制度。

 

住む場所の確保だけでなく

  • 自立相談支援
  • 就労準備支援
  • 家計相談支援
  • 生活困窮世帯子供学習支援
  • 一時生活支援

など、生きていくのが困難な場合の手助けを行っている事業です。

 

もちろん、それぞれで給付金が支給されるのですが、今回はその中でも住宅確保給付金に着目しました。

 

理由としては、新型コロナウイルスで収入が激減して、明日の食費や学費、家賃をどうしようという人が増大したため、この住宅確保給付金の支給条件を仕事がない人だけでなく、仕事はあるけど収入が減少した人まで拡大したからです。

原則として、仕事がない、働いていない人が対象。

 

基本的に受給できる期間は3ヶ月。

その間でどうにもならなければ最長9ヶ月。

 

支給方法は、申請者にお金を振り込むのではなく、直接大家さんに支払いを行ってくれます。

※2020年新型コロナウイルスの影響で、仕事はあるけれど減収した人も対象となりました。減収者への支援がいつまでなのかはまだ未定です(2020.4月現在)

 

支給額は、各自治体によって異なります。

例えば東京都だと

世帯人数 支給額
1人 53,700円
2人 64,000円
3人 69,800円
4人 69,800円
5人 69,800円
6人 75,000円
7人以上 83,800円

※上限額で表示しています。

 

これが横浜市だと…

世帯人数 支給額
1人 52,000円
2人 62,000円
3人 68,000円
4人 68,000円
5人 68,000円
6人 73,000円
7人以上 81,000円

 

千葉県市川市の場合

世帯人数 支給額
1人 46,000円
2人 55,000円
3~5人 59,800円
6人 64,000円
7人以上 71,800円

 

ほんの少しですが、上限額に差がありますね。

東京・横浜は都心ですので、恐らくこれ以上高い給付金が出る地域はないと思いますが、大体こんな感じで、世帯人数によって給付額が決定し家賃の立替を行ってくれる制度です。

 

但し、もらえる条件がかなり厳しい。

個人事業主である私は、新型コロナウイルスが流行りだした2月にまず売上が2割減となり、3月は1割減、4月は半額になってしまった為に、何とかこの住宅確保給付金を受給できないかと、直接電話をして聞いてみました!

スポンサーリンク

住宅確保給付金がもらえる条件

まず電話をする場所は、自分が住んでいる地域の自立相談支援機関相談窓口となります。

全国の相談窓口一覧はこちら

主に生活保護を担当している部署となります。

 

私は自分の住んでいる地域の相談窓口を探し、仕事はあるけど減収した人が対象になった4月20日の午前10時に電話をかけてみました。

最初は中々つながらなくて、やはりみんな電話して相談しているんだろうなと思い、リダイヤルでひたすら電話し続けました。

 

すると30分も経たないうちに繋がりました。

緊急小口貸付の部署に電話した時は1時間半かかったので、そこよりは早い(笑

 

電話に出てくれたお兄さんはとても感じがよくて、私がどのような条件ならこの住宅確保給付金を受けられるのか聞くと、とても詳しく教えてくれました。

  • 規定の収入よりも下回っていること
  • その収入額は世帯全員分であること
  • 収入は過去3ヶ月分を平均した金額であること
  • 支給される額は細かく計算された金額であること
  • 預貯金が多いと受給できない

なんと私は、1ヶ月でも減収していたらこの住宅確保給付金を受給できると思っていたのですが、どうやら違うようです。

詳しく説明しますね。

 

1. 規定の収入よりも下回っていること

まず収入制限があります。

定められた月収よりも下回る場合に、各自治体が定めた支給金額を大家さんに支払ってくれます。

 

収入制限は関東の場合を参考にするとこちらになります。

世帯人数 収入限度額
1人 84,000円
2人 130,000円
3人 172,000円
4人 214,000円
5人 255,000円
6人 297,000円
7人 334,000円

 

上記の金額よりも収入が下回っていると支援が丸々受けられます。

但し、上記の金額を超えても受給できる場合もあります。

 

それは

収入基準額から受給上限額を引いた金額が、支援家賃よりも下回る

場合です。

 

どういうことかと言いますと、例えば東京の夫婦2人家族を例に出しますと

旦那さんと専業主婦の奥様がいて、旦那さんの収入が前月よりもかなり落ち込み16万円になってしまいました。

住宅確保給付金を受給できる2人世帯の収入基準額は13万円で、もし住宅確保給付金がもらえるなら上限額は64,000円です。

 

この場合まず収入-基準収入額を引きます。

160,000円 - 130,000円 = 30,000円

 

この3万円が、給付される上限額64,000円よりも低いので、その差額を支援してもらえる、という計算になります。

64,000円 - 30,000円 = 34,000円。

夫婦が受給できる金額は34,000円となります。

 

要は、世帯人数から割り出されている給付額よりも下回るのであれば、収入基準額よりも多くても受給できるということなのです。

支給額 = 支給家賃上限額 - (月収-収入基準額)

 

但し、他にも色々と制限があります。

 

2. その収入額は世帯全員分であること

先ほどの収入額は、一人分の収入ではありません。

世帯全員分の収入額で計算されます。

 

仮に収入が激減したからといって、共働きで二人分の収入を合わせると25万円ある場合は、先ほどの計算式を当てはめるとこうなります。

収入-基準収入額

  • 250,000円-130,000=120,000円
支給上限額64,000円-120,000円=-56,000円

 

マイナスとなるので、住宅確保給付金は受けられません。

また、もう一つ条件があるのです。

 

スポンサーリンク

3. 収入は過去3ヶ月分を平均した金額であること

先ほどの夫婦の例を見てみます。

今回は、奥様は専業主婦で働いておらず、旦那様の収入だけで生活しているとします。

その場合は、収入が激減して、16万円になったので住宅確保給付金は受けられる計算となりましたよね。

 

しかし、この住宅確保給付金は1ヶ月分だけの収入を見ません。

過去3ヶ月分をさかのぼって平均した額で計算すると言われました。

 

例えば旦那様が収入が減収する前は月額35万円の収入があったとします。

しかし、新型コロナウイルスで2月から少しずつ減少したとしましょう。

  • 2月:35万円
  • 3月:23万円
  • 4月:16万円

これらを合計してみると71万円です。

71万円÷3ヶ月=236,666円。

平均23万6千円の月収がある計算です。

 

これを先ほどの計算に当てはめてみると

236,666-130,000=106,666円

支給上限額64,000円-106,666=-42,666円

でマイナスとなり、もらえない計算となります。

 

但し、コロナでの影響が出始めたのが2月。

そこから既に3ヶ月経っています。

既に収入が激減している人はすぐにでも相談してみて下さい。

 

私は

  • 2月:2割減
  • 3月:1割減
  • 4月:5割減

の売上なので、今のところはこの住宅確保給付金は受給できません。

 

しかし、このままいけば5月も6月も収入が減っていく可能性はあります。

その時に再度相談してみようと思います。

 

4. 支給される額は細かく計算された金額であること

更に、基準額を超えてはいるけど、計算をして少しでももらえる場合は、相談窓口の人が言うには1,000円単位ほどで計算されるのだそうです。

条件に当てはまれば、一律いくらというふうにはならないようです。

 

かなり細かい計算となるようですが、少しでも給付してもらえるなら有難いですよね。

 

5. 預貯金が多いと受給できない

横浜市を例に出すと、下記の金額以上の預貯金があると、いくら減収や失業しても住宅確保給付金は受けられません。

世帯人数 貯金額
1人 504,000円
2人 780,000円
3人 1,000,000円

 

他の地区も預貯金の制限はあるはずなので、各自治体で確認しましょう。

どちらにしても、コロナの影響がいつまで続くか分かりません。

該当する方は、生き延びる為にも相談だけでもしてみて下さいね。

スポンサーリンク

結果、私は住宅確保給付金を受給できるのか

うちは、私以外に息子も働いていて収入があります。

2020年4月に入ってから、どんっと収入が落ちて半額以下になったにも関わらず、二人分を合わせると規定の収入額以内には収まりそうにもありません。

このままいくと本当に辛い。

なので、緊急小口貸付制度を利用する事にする。

その話はまた次回に。。。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
お金
スポンサーリンク
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました