産後夫婦喧嘩で離婚⁉絶えないケンカを解決する方法は?

ケンカ 夫婦

産後はママの精神状態が正常に機能しなくなり、イライラが止まらず、体も思うように動かなくなります。

そして、たびたび夫婦喧嘩が起こることで、さらに関係が悪化。

では、どうすれば産後の夫婦喧嘩を回避できるのでしょうか。

それってただのイライラ?産後うつ?

放っておくと離婚にまでなりかねないので要注意!

スポンサーリンク

産後夫婦喧嘩で大衝突!離婚したいと言われた夫続出!

女性の体は妊娠から出産までの約1年間で大きく変化をします。

体型もさることながら、一番大きく変化するのはホルモンのバランスです。

特に出産によって著しく低下するホルモンが女性の精神を弱らせ不安感が強くなります。

 

こうした状態で育児や家事を1人で頑張るママは、産後うつという病気になってしまうこともあります。

産後のママは赤ちゃんの授乳やおむつ変えなどで、リズムよく生活ができるわけではありません。

赤ちゃんがまとめて眠れるようになるまでは、常に寝不足な状態がつづくのがママの生活です。

 

ママは赤ちゃんが生まれるまでの時と同じ生活はできなくなります。

常に寝不足で、常に疑問と向き合う生活に疲れてしまいますね。

 

しかし、パパだって家族が増えたことでより仕事を頑張ろうとします。

仕事を頑張るとどうしても家庭にいる時間は少なくなります。

 

こうしたすれ違いから、お互いを思いやる気持ちを持つ余裕がなくなってしまいます。

  • パパは家族を養おうと仕事に精を出し
  • ママは生まれたばかりの赤ちゃんを必死で育て

その思いがすれ違い、精神的に疲れ果ててしまうのです。

 

その結果、お互いが些細な事で不満を持ち、疲れとイライラがたまったタイミングで

『言わなくていい一言』を発言

する事で夫婦喧嘩が勃発する事が多いのではないでしょうか。

 

パパはパパなりに一生懸命に頑張っているのですが、ママが求める頑張りとは、少しずれているんですよね。

 

また産後のママは、ママ自身がどうにかできないホルモンのバランスの変化から、気分の浮き沈みが激しくなる時期です。

 

パパが、ママのこうした変化に寛容になれれば、夫婦喧嘩も減らすことができるのでしょうが、悲しいかな、男性は女性の変化にうとく、ママの心の声には気づくことが難しいのです。

 

元々男性と女性の考え方は全く違うので、この辺は致し方ないのですが、それが産後には特に理解が出来ません。

 

お互いが気づかう余裕がない事で

  • ママは「パパから大事にされていない」
  • パパは「ママが家事もしないくせに要求が多すぎる」

と双方が勘違いをして

「もうやっていけない、離婚だ!」

と結論づけてしまい、離婚する夫婦も増えています。

 

もし

  • 何か最近私イライラしすぎている…
  • 精神的に参っている気がする
  • 自分の感情をコントロールできない
  • 夫に強く当たってしまう

と感じたら、恥ずかしがらずに医療機関をたよりましょう。

もしかしたらうつ病になってしまっているかもしれません。

 

孤立感・孤独感が強く、自分を責めてしまうママの状態は産後うつの状態です。

 

うつ病になってしまうと、何もかもが嫌になってしまう為、旦那に

「離婚したい」

と言ってしまうかも。

 

自分の一時期の感情で離婚すると、本当に後々大変です。

うつ状態の時に人生を大きく変える決断は絶対にしてはいけません。

 

イライラが止まらない時には、カルシウムなどの食べ物摂取も必要ですが、本で緩和されることもありますよ!

スポンサーリンク

産後夫婦関係が悪化!原因は?

先ほどの産後うつの場合は、原因がはっきりしています。

でも他に夫婦喧嘩が激しくなった原因はないでしょうか。

 

それが求める家庭像の違いです。

大抵のママは

  • パパがしっかりとお金を稼いできてくれて
  • パパが時には家事も手伝ってくれて
  • パパが休みの日にはどこかへ連れていってくれて
  • パパが子煩悩で
  • パパは私が何をしても文句一つ言わなくて
  • 優しいパパ

を求めている人が非常に多いです。

 

そして、その思いが特に強くなるのが産後。

産後は出産したばかりで体力も落ちている状態のママは

  • 家事したくない
  • ずっと寝てたい
  • 一人になりたい
  • 私を開放して

と感じてしまうママも多く、その思いから

パパ、家事してくれないかな…

パパ、家に居る時ぐらい赤ちゃんの面倒見てよ

パパ、もっと私の話聞いて!

となってしまい、仕事を一生懸命頑張っているパパからすると・・・

いや、俺も疲れてるんだけど…

俺、仕事頑張ってるんだから家事ぐらいしてくれよな…

仕事で上司にうるさく言われたのに、家に帰っても嫁の話を長々と…勘弁してくれよ…

となり、お互いがイライラ、そしてすれ違ってしまうのです。

 

実はこの思い、ほとんどの人が抱えています。

でも大抵の夫婦は、このような想いを抱えながらも、イライラ状態を乗り越えて、そして自然と元に戻ります。

 

何故元に戻れるのか。

それは求めている家庭像の価値観が同じだからです。

 

ママはグチグチ言いながらも、パパが一生懸命働いてきてくれている事に感謝できている人が多く、その為産後を過ぎてある程度経つと自然に

パパに対して感謝♪

という気持ちが沸き立つために、思いやりのある行動・言動に変化します。

 

それを受けたパパも、やはりママに対して感謝の気持ちが沸き、以前のような思いやりのある夫婦に戻れるのです。

 

でも理想の家庭像が夫婦でずれていると、お互いに求める家族としての行動や言動が違います。

  • もっとこうしてほしい
  • もっとこう言ってほしい

という想いが夫婦でずれている為に、お互い頑張ろうとすればするほど、どんどんずれていきます。

 

その為、まともにぶつかってしまうと、夫婦喧嘩が悪化してしまうんですね。

もちろん、ママだってパパが頑張ってくれていることはわかっているのです。

 

でも産後は特に、思いやりや感謝の気持ちを持つことが難しい時期でもあります。

色々難しいですけどね、女性の気持ちって。。。

この辺は男性には理解できない部分ではありますね。

 

夫婦喧嘩の原因は

  • 産後うつ
  • 理想の家庭像のずれ
  • 思いやり・感謝の気持ちがない

ですね。

スポンサーリンク

産後夫婦喧嘩を解決する方法はある?

価値観が違うのであれば修復不可能なのではないか?と思いますが、そんな事ありません。

 

お互い話し合い、少しずつ少しずつ溝を埋めていけばいいのです。

もし話し合うのが難しければ、ちょっとした行動でほんの少しの気遣いを見せましょう。

 

例えば

  • お弁当に旦那の好きな具を1品入れる
  • 朝食は作れなくても夜ご飯は旦那の好物にする
  • パパの休みはそっとしておいてあげる

など、ほんの少しの些細な行動から始めましょう。

 

そうすれば少しずつでも夫婦関係は修復していくでしょう。

また

  • 「ありがとう」という言葉を1日1回は言う

と心掛けていくと更に仲直りが早くなります。

 

どんな時でも感謝の気持ちと言葉は大切です^^

ちなみに「休みの日はそっとしておいてあげる」ですが、何故ここを主張するかと言いますと…。

 

これは私の経験なんですが、私は今シングルマザーで完全に

  • 大黒柱
  • ママ

の二つの顔で子育てしています。

 

養育費ももらえていないので、かなり本気で働かないと子供を育てていけません。

何を思ったか東京23区に住んでいるので家賃も半端ありません。

 

もちろん小さい子供もいるので、子育ても手を抜けません。

よせばいいのに、ご飯も手作りを目指していてお弁当も全て作っています。

 

子供には習い事をいくつかさせているので、金銭面だけでなく送り迎えも相当負担です。

で、自分自身が大黒柱になってから気づいたことがあるんです。

マジで体がきついっ!!!(;’∀’)

 

正直週末なんかは家でゴロゴロして、温泉やマッサージなんかしながら過ごしたい。。。

でも子供がどっか連れてけというし、三男はサッカーをしているのでしょっちゅう試合で遠方に一緒に行かなければなりません。

 

夏休みは学童に行くためのお弁当を毎日作り、学校の行事に参加するために仕事を休むための調整を数ヵ月も前から行い、

と、もはや自分でもパンク状態。

 

ゆっくりしたい~!!!

というのが本音です(笑)

 

きっと世のパパさんたちも同じ思いなのではないかと思うんです。

でも皆子供や家族を愛しているから、仕事も休みも一生懸命やるんです。

 

その辺を理解してあげると、より良い関係を築けるのではないかな?と個人的には思います^^

 

外で働くパパさんは

  • 会社で嫌なことがあっても
  • 上司や取引先に嫌味を言われても

家族を養うために仕事を辞めるわけにもいかない、何がなんでも耐えなければいけない。

 

この重圧と言いますか、精神的負担はかなり大きいものがあります。

実は私、産後よりも大黒柱になってからの方が鬱になりかけた事もあります。

 

なので、その辺を理解してあげながら、パパをいたわってあげると夫婦喧嘩はすぐに仲直りできますし、そもそも喧嘩にならなくなるのではないかと思いますよ^^

 

また男性は、助ける方向性を間違えやすいです。

頑張っているつもりでも、逆にママを怒らせる事をするのも男。

その辺も少しずつ理解してあげられるといいかな^^

スポンサーリンク

まとめ

私のママ友で、夫婦とても仲が良く、一人息子と3人しょっちゅう旅行に行ったり、遊びに行っている家族がいました。

2人目が生まれた時に、普段とても明るいママ友が、嘘みたいに産後うつになってしまい、パパのちょっとした発言でもポロポロ泣いていました。

 

強く言えるタイプのママではなかったので、喧嘩には発展しませんでしたが、二人目が2歳になっても少しうつが残る感じで、たまにどんっと落ち込むことが増えました。

それでも、数年経つと以前と同じく仲良い夫婦に戻っていました。

 

というよりもパパはその事に気付いていなかったようです(笑)

男性は女性のちょっとした気持ちに鈍感な所があるので、そこでイライラせずに他で発散できるといいかも!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
夫婦
スポンサーリンク
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました