産後夫婦仲が最悪に!会話や夫婦生活がないと更に悪化するかも!?

夫婦

産後のママはどうしてもイライラしがちです。

パパのちょっとした態度や言動にも神経質になり、更にパパはパパで家族が増えたことで責任感をより感じ、毎日仕事でへとへと。

お互い余裕のない夫婦は喧嘩が耐えなくなり、夫婦仲にも影が…。

 

産後、どうすれば夫婦仲が回復するのか、喧嘩を減らしていけるのかを体験談から語ります。

スポンサーリンク

産後夫婦仲が最悪!何が原因?

産後夫婦仲が急速に悪化する原因はいくつかありますが、大きなものとして考えられている物は

  • ママの女性ホルモンの急激な変化によるイラつき
  • パパの育児不参加

です。

 

産後夫婦喧嘩が増えて不仲になっていく様を産後クライシスと呼ぶことがあります。

主に、ママの産後うつが原因と言われていましたが、実はママだけでなく夫婦としての問題である事がわかっています。

 

産後、ホルモンのバランスが崩れる事と激変する生活スタイルで、ママは大変。

そこに加えてパパの育児不参加で、ママのイライラの矛先はパパへと向くのは自然な事。

 

また、近年は芸能人を中心にイクメンブームが巻き起こり、どうしてもママはパパを減点方式でみてしまいがちです。

その為、どうしてもイクメンパパとうちのパパとを比べてしまっていませんか?

 

TVなどで言われるイクメンなんてほんの一握りです。

パパはパパなりに頑張っているのは確かなので、時にはおおらかな気持ちで見てあげる事も大切なんです。

 

本来、男性と女性の脳の構造は異なる為、何もしなければお互いを理解する事は難しくなっています。

ですから、ママの心身の状態をきちんとパパに話してみましょう。

 

またパパにも

  • 仕事が忙しい
  • 赤ちゃんの扱い方がわからない

などの言い訳をやめてもらい、きちんとママの心身の変化と向き合ってもらうのが、前に進める唯一の方法。

原因は分かったけど、どうすればいい?

スポンサーリンク

夫婦の会話も減った人はこれを試してみて!

原因は分かったと言えども、喧嘩ばかりだと自然と夫婦の会話も減ってしまいます。

そんな時は、パパのさりげない行いや言葉を褒めてみましょう。

 

男性は女性に比べて褒められる経験は少ないのが現状です。

仕事に行っても肯定されることより、叱咤される事の方が多いでしょう。

 

家でも褒められる事は少ないのではないでしょうか。

特に産後はママのパパに対する要求は大きくなり、してくれる事よりもしてくれない事に目が行きがちです。

 

パパはやっているつもりでも、ママからしたらトンチンカンな事であったり、自分の事しかしていないように見えますね。

 

そんな時こそ、パパのいいところ探しです。

初めは面と向かって言えなくてもいいのです。

心の底から感謝の気持ちを言えなくてもいいのです。

 

男性は単純な生き物と言われています。

何気ない事でも褒めてもらえた経験が貯金されていくと言われています。

ですから、ママは少し踏ん張ってパパのいいところ探しをしてみましょう。

 

どうしてもママの余裕がなく

  • パパのいいところ
  • 褒めどころ

が見つからないのならば、仕事から帰宅したパパに

「お疲れ様、いつもありがとう❤」

と伝えるだけでも構いません。

 

初めはぎこちなくてもきっと、自然とできるようになります。

そしてママに褒めてもらう事で、パパは家庭での自分の存在意義を見出し、ママは自分の味方だと認識してくれます。

 

私の主人はとにかく自信のない人で、もともとあまり話をするタイプではありませんでしたが、産後は私の顔色をみて部屋に引っ込む事が増えました。

 

そんな旦那を見て正直

  • 家事も手伝わない
  • 育児も参加しない
  • 会話もない

環境が嫌でした。

 

離婚を考えましたが、×1での再婚でしたので、次は失敗したくない思いから、思い切って

「いつもありがとう、お疲れ様❤」

と帰宅したパパに声をかけてみました。

 

びっくり顔のパパでしたが、そこから徐々に会話をするようになり

  • 些細な事でもパパがしてくれたらきちんと感謝を伝え
  • パパを褒めるように心がける

そうするうちに、夫婦の喧嘩も減り、今では毎日会話もあります。

 

正直、ママの心に余裕がないとこんな事できません(笑)

子供に接するように、ママがパパを褒めて育てるのです。

パパを褒めるようにすることで、きっと喧嘩も減る事でしょう。

スポンサーリンク

夫婦生活がないと旦那の不満爆発⁉

夫婦生活に対する考え方や本能は女性と男性で大きく異なる事は、皆さんご存知の事だと思います。

男性は本能で営みをするのに対して、女性は気持ちですると言われるのです。

 

実は産後、夫婦生活をしたくない妻の理由として

  • ホルモンバランスが崩れて受け付けない
  • 夫がうっとうしい
  • 元々そういう行為が好きではない

が上げられます。

 

ホルモンバランスが崩れて受け付けない

産後のママは女性ホルモンが低下するため、営みそのものへの興味がなくなる場合もあります。

また、夫婦生活は愛情確認の大切な行為ですが、子供の無償の愛を得たママは、愛情で満たされた状態と言えます。

 

寝不足でしんどいママにとっては、夫婦生活の時間すらもったいなくて、子供が寝ている間は1分でも多く寝たいものです。

産後のママには夫婦生活を楽しむ余裕も、日頃から助けてくれるわけではないパパの欲求を満たす余裕もないのです。

 

夫がうっとうしい

ママの大変な産後に自分勝手に求めてくる男性に対して、ママはイライラしてしまいますね。

これは、日頃からパパに対して不満がたまっているため、パパの要求に応えたくないというママの気持ちの表れでもあります。

 

普段からパパが育児参加してくれていれば、時にはパパの要求に応えようという気持ちもでますが、ママの目から見て自分の事と仕事しかしていないパパの要求を応える事が腑に落ちないのです。

 

 

こうしたセックスレスの解消に役立つのが、夫婦の時間です。

日頃どんな事を不満に感じるのかをしっかりと伝え、パパのいいところ探しを行い、ママの状態を理解してもらう事で、気持ちがつながる営みができるようになる事でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

喧嘩って、生涯記憶に残ったりしますよね。

特に言葉の暴力は、頭脳に残るので何気に危険。

産後で中々精神状態をコントロールするのも難しいですが、相手の人格を否定するような言葉だけは発言しないように気を付けて下さいね^^

スポンサーリンク
この記事を書いた人
小紫

3人の子供を持つシンママです♪
結婚・離婚・シンママ生活・お金について躊躇なく語っていきます。
毒親との関係、引きこもりの息子など、同じことで悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

小紫をフォローする
夫婦
スポンサーリンク
人生ハッピーロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました